1. >
  2. >
  3. アパート経営とサブリース

不動産一括査定とは、マンション売却を希望する売主さんと不動産会社を結びつけるサービスです。

このサービスが普及する前は、マンション売却を希望する売主さんが直接不動産会社と

やりとりしていました。

時間的な問題もありますが、数社から査定をしてもらって比較している方はほとんど

いませんでした。

最悪の場合は悪質不動産会社に行ってしまって、断ることもできず大損してしまった

という事例もあります。

不動産売買においてのトラブルを未然に解消するために、不動産一括査定というサービスが

誕生したのです。

不動産会社が一括査定の利用をする場合は、審査があります。

従って、事前審査で評判が良くなかったり、悪質な不動産会社は登録できない仕組みになっています。

イエウールはお客様からのクレームが多かった不動産会社は登録が削除されます。

このサイトの運営費用は不動産会社が負担しています。

従って、ユーザーは完全無料でサービスを利用できるわけです。





再度、イエウールの特徴をお伝えします。

  • 1.登録不動産会社が1,200社以上。
    業界最大手の不動産一括査定サイト。


  • 2.利用したユーザー数が450万人超えの満足度の高いサービス。
    顧客満足度は98%ある。


  • 3.複数の査定書を見ることができるので、最低額と最高額が一目瞭然


  • 4.不動産会社を厳選しているので、安心度・信頼度が高い


  • 5.完全無料で利用できる


このサイトはこのイエウールへご案内するサイトです。

参照:家を高く売る家売却サイト

アパート経営とサブリース

空いている土地にアパートを建てる。資金は全額ローン。返済は賃貸収入で賄える。賃貸収入は不動産会社が100%全額保証している。

これがアパート経営の方法です。

これはこれでおかしな話ではありません。

ただ、現在この家賃を全額保証するシステムが大きな問題になっています。

この家賃保証の金額が減ってきているのです。

このサブリースの契約期間はだいたい30年くらいです。

この30年間、ずっと家賃保証されているとアパートのオーナーは思っていたわけです。

しかし、この家賃保証の金額が減らされています。

契約書をよく見ると、10年後からは2年ごとの賃料見直しと書かれています。

しかし、アパートのオーナーは契約書をそこまで読んでいませんし、建てる前に営業マンから家賃保証の金額を変えることはありませんと言い切っている営業マンもいます。

このサブリースに関しては、宅建での重要説明の項目に入っていませんし、このサブリースの契約を巡る問題は、消費者庁は全く関係ありません。オーナーは事業者になりますので、一般の消費者には当たらないのです。

ですから、このサブリースに関する法律は直接的なものではなく、いろいろな類似の法律を当てはめて解釈されているのが現状です。

きちんとした法整備が必要ですね。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません